HOME > HARDWARE

自作マシン壱拾壱号機

LAST UPDATED on July 15, 2017.


RYZEN祭に参加するために、マシン自体の使用目的は特にないままに、2017年3月に導入しました。
当初使用していたASRock X370 Gaming K4は、メモリ周りが当方の手に負えなかったので、約4ヶ月でASUS PRIME X370-Aに換装しました。

主要諸元/装備品

    [型名]
    Bin-11
    [種別]
    ミドルタワー型PC互換機
    [マザーボード]
    ASUS PRIME X370-A
    [チップセット]
    AMD X370
    [CPU]
    RYZEN 7 1700(100×36 = 3.6GHz駆動)
    [CPUクーラー]
    AMD Wraith Spire LED Cooler
    [メモリ]
    COLSAIR CMK16GX4M2B3200C16(DDR4 3200 8GB x2 = 16GB 2933MHz駆動)
    [ストレージ]
    Plextor PX-256M8PeGN (M.2 NVMe 256GB)
    Western Digital WD40EZRZ (SATA 4TB)
    [ビデオカード]
    ELSA GEFORCE GTX 750Ti SP 2GB
    [ネットワークアダプタ]
    Onboard
    [音源]
    Onboard
    [電源]
    ENERMAX PRO87+ EPG500AWT(定格最大500W)
    [ケース]
    SCYTHE RANA
    [O/S]
    Windows 10 Pro x64

ケース

設置スペースをミニマムとするため、ATXマザー用ケースとしては、コンパクトなSCYTHE RANAを使用しています。上記マザーと電源の組合せではSATAポートが電源に隠れてしまうため、電源を取り付ける前にSATAケーブルを取り付ける必要があります。

CPU

付属のクーラーで、3.6GHzまでOCCT LINPACK 1時間をクリアしました。

メモリ

相性など考えずCORSAIR CMK16GX4M2B3200C16(DDR4 3200 8GB)を2枚差ししています。

マザーボード

ASRock X370 Gaming K4

CORSAIR CMK16GX4M2B3200C16を1枚差しの場合、BIOS設定で2999MHzにてOS起動可能です。 2枚差しの場合は、BIOS Beta 1.64までは、OS起動画面でフリーズしていましたが、Beta 1.70以降では起動するようになりました。ただし2.00〜3.00においても2133MHzでのみOS起動可能です。
ちなみに、2枚差しでもUEFI上ではSingle Channelと認識されています。CPU-Z上ではDual Channelになっていますが、どちらが正しいかは謎です。

ASUS PRIME X370-A

ASRock X370 Gaming K4が、BIOS 3.00においても、当方環境ではメモリ周りに改善が見られなかったため、止む無く換装しましたが、ひとまず2933MHzで回ってくれました。

電源

なるべく安価にマシンを構成したかったので、以前自作伍号機で使用していたENERMAX PRO87+ EPG500AWT(定格最大500W)を流用しています。
ワットチェッカー(サンワサプライTAP-TST7)の実測値による、マシン全体の消費電力は下記の通りです。

CPUGPU高負荷時アイドル時
RYZEN 7 1700@3.6GHzGTX 750Ti139W48W

ストレージ

システム用にPlextor PX-256M8PeGN (M.2 NVMe 256GB)、データ用にWestern Digital WD40EZRZ (SATA 4TB)を使用しています。
M8Pe 256MBのパッケージ記載の公称値はシーケンシャルリード2000MB/sec、シーケンシャルライト900MB/secですので、概ね公称値通りの速度は出ているようです。
マザーボード換装前後で、特に目立つ速度差はありませんでした。

ASRock X370 Gaming K4


PX-256M8PeGN (M.2 NVMe 256GB)

WD40EZRZ (SATA 4TB)

ASUS X370-A


PX-256M8PeGN (M.2 NVMe 256GB)

WD40EZRZ (SATA 4TB)

ベンチマーク

ビデオカードが足を引っ張っている可能性もあり、あくまで参考ですが、自作陸号機(Core i7 6700K@4.0GHz/Z170/GTZ750Ti)と比較すると3D Mark系の結果はほぼ同等です。
CPUMBMEM CLKGPU3Dmark06(1280x1024)3Dmark113DMARK
totalSM2.0HDR
/SM3.0
CPUtotalGraphicsPhysicsCombinedICE STORMCLOUD GATEFIRE STRIKE
RYZEN 7 1700@3.6GHzX370-A2933MHzGeforce GTX750Ti2736510964120458584P58165257136555471138051238054024
RYZEN 7 1700@3.6GHz2133MHzGeforce GTX750Ti2694510843119038315P55835029128015476138915232973987
RYZEN 7 1700@3.6GHzX370 GK4Geforce GTX750Ti2721610832120448550P5627520299965397139957233404141
(参考)
Core i7 6700K@4.0GHz
SZ170R8V2Geforce GTX750Ti3089712495139309046P58765409110775565147137207734127

CrystalMark 2007R7においては、コア数及びスレッド数の差が直に反映されて、クロックが低い条件でもRYZEN 7 1700@3.6GHzがCore i7 6700Kより優れた値を出しています。

Core i7 6700K@4.0GHz/2133MHz/SZ170R8V2

RYZEN 7 1700@3.6GHz/2133MHz/X370GK4

RYZEN 7 1700@3.6GHz/2133MHz/X370-A

RYZEN 7 1700@3.6GHz/2933MHz/X370-A


主要履歴

  • 2017. 7:マザーボードをASRock X370 Gaming K4からASUS PRIME X370-Aに換装
  • 2017. 4:ストレージにWestern Digital WD40EZRZ (SATA 4TB)を追加
  • 2017. 3:導入


Copyright(c) FLIGHT SIM HERITAGE 2017. All Rights Reserved.

[HARDWARE]