HOME > HARDWARE > Bin-3

SAPPHIRE RADEON X1950 PRO 512MB(後期型)

X1950 PRO X1950 PRO
LAST UPDATED May 25, 2007
自作参号機(EZ482)のSAPPHIRE RADEON X800GT 256MBの後継として2007年5月に約2万円で購入しました。


カード長の比較(上がX1950PRO下がX800GT)
FANがブラケット側にあるいわゆる「後期型」です。Athlon64x2 4800+との組合せは、キューブマシンの275W電源にとっては重労働の筈ですが、問題なく動作しました。
ただし、カード長がX800GTに比べて長くなった影響で、ケースのエアフローを阻害しているのと、ビデオカード自身の消費電力が増えているので、筐体内の温度が3〜5度程度上昇してしまっています。
そのため、普段は発熱を抑えるためにコアクロックを450MHzに落として使用し、フライトシムをプレイする時のみ定格に戻しています。
性能的には、Athlon64x2 4800+との組合せで3Dmark06のスコアがX800GTの1871に対して5773と十分満足いくものです。



Copyright(c) FLIGHT SIM HERITAGE 2007. All Rights Reserved.

[自作参号機]
[HARDWARE]
[HOME]