HOME > HARDWARE > Bin-6

ELSA GeForce GTX 1050Ti 4GB SP

GTX1050Ti GTX1050Ti
LAST UPDATED March 2, 2017
自作陸号機(Shuttle SZ170R8V2(白))で2年半程使用していたAFOX AF7850-2048D5S1 (RADEON HD7850 2GB)の後継として、2017年3月に店頭にて新品を24000円程で入手しました。

キューブ型に取付可能な1slot型でRADEON系という条件で、AFOX AF7850-2048D5S1 (RADEON HD7850 2GB)を使用していましたが、入手したのは2013年5月であり、古さを隠せなくなっていました。
2017年2月にXFX RX-460P4TFG5を入手したのですが、残念ながらBOOTすらしなかったため、同じく1slotの最新カードということで、Geforceに乗り換えました。

定格クロックはCORE12905MHz、MEMORY1750MHzです。アイドル時はCORE140MHz、MEMORY200MHzです。
性能的には、Core i7 6700K@4.0GHzとの組合せで3DmarkのFireStrikeのスコアがHD7850の2772、比較のために自作参号機から取り外したGTX750Tiの4127に対して、1050Tiでは6693であり、更新の効果が得られました。
ワットチェッカー(サンワサプライTAP-TST7)の実測値によるシステム消費電力は、高負荷時144W、アイドル時43Wであり、HD7750使用時(高負荷222W、アイドル57W)に比べて大幅低減、750Ti使用時(高負荷147W、アイドル50W)と概ね同じです。
カードの騒音はHD7850からは大幅に減りましたが、GTX750Tiとは体感では変わりません。

同じELSAのGeForce GTX 750 Ti SP 2GBと外観を比較すると、基板の大きさは同じで、FANが大型化した分だけ全長が伸びています。
なお、FANの取付部分は750Tiでは金属製ですが、1050Tiは裏側がヒートシンク状のフィンが生えているように見えますが樹脂製であり、価格及びELSAブランドの割には造りがチープに見えます。
カード長の比較(上がGTX1050Ti下がGTX750Ti)



Copyright(c) FLIGHT SIM HERITAGE 2017. All Rights Reserved.

[自作陸号機]
[HARDWARE]
[HOME]