HOME > HARDWARE > Bin-3

SAPPHIRE RADEON HD3870 512MB (1slot型)

HD3870 HD3870
LAST UPDATED January 22, 2008
自作参号機(EZ482)のSAPPHIRE RADEON X1950PRO 512MBの後継として2008年1月に約3万円で購入しました。


カード長の比較(上がHD3870下がX1950PRO)
EZ482はキューブタイプ故、2slotタイプのビデオカードは装着できないという制約があり、HD3870が発売当初は皆リファレンス仕様の2slot型だったため、残念ながら指をくわて見ているしかありませんでした。
しかし、SAPPHIREからオリジナルクーラーを使用した1slot型が登場したため、半年程しか使用していないSAPPHIREのX1950PRO 512MB(後期型)から衝動的に換装しました。
定格クロックはCOREは776MHz、MEMORYは1126MHzです。温度はidle時で室温+44度、高負荷時で室温+62度でした。
FANの騒音はX1950PROより若干大きめなので、高負荷のフライトシムをプレイするとき以外は、ATIToolでクロックとFANの回転数を落としています。
性能的には、FX-60@2.7GHzとの組合せで3Dmark06のスコアがX1950の6141(CORE:620MEM:1400)に対して10079(CORE:850MEM:1200)に向上していますが、フライトシムのプレイ感は殆ど変わりありません。




Copyright(c) FLIGHT SIM HERITAGE 2008. All Rights Reserved.

[自作参号機]
[HARDWARE]
[HOME]