HOME > HARDWARE > Bin-3

SAPPHIRE RADEON HD4850 512MB

HD4850 HD4850
LAST UPDATED July 17, 2008
自作参号機(EZ482)のSAPPHIRE RADEON HD3870 512MB(1slot型)の後継として2008年7月に2.4万円で購入しました。


カード長の比較(上がHD4850下がHD3870)
1TFLOPSに心惹かれて、半年程しか使用していないSAPPHIREのHD3870 512MB(1slot型)から衝動的に換装しました。
定格クロックはCORE625MHz、MEMORY993MHzです。
温度が80℃になるようにFANの回転数が自動的に調節されています。
FAN径はHD3870より小さめですが、騒音は同等以下です。
性能的には、FX-60@2.7GHzとの組合せで3Dmark06のスコア(1024x748)がHD3780の10121(CORE:850MEM:1197)に対して10457(CORE:700MEM:1150)と同等であり、CPUが足を引っ張っているようです。
ワットチェッカー(サンワサプライTAP-TST7)の実測値によるシステム消費電力は、高負荷(3Dmark06)時282W、アイドル時120Wであり、HD3870使用時の高負荷時257W、アイドル時117Wに比べ若干上がっています。



Copyright(c) FLIGHT SIM HERITAGE 2008. All Rights Reserved.

[自作参号機]
[HARDWARE]
[HOME]