HOME > HARDWARE

自作マシン肆号機(SUMICOM S635)

LAST UPDATED on January 7, 2012


自作参号機(XCcube EZ482)が録画とエンコードに占有され、なかなかフライトする時間が取れないため、録画及びエンコード用に2008年9月に導入しました。
室温25℃前後で使用した場合、アイドル時にはCPUファンが停止し、ほぼ無音となりますが、高負荷時には、ファンの音が結構耳障りになり、CORE温度も70℃近くまで上昇し、筐体も結構熱を持ちます。エンコード用として常用するには冷却方法を改善する必要がありそうですが、とりあえず光学ドライブのトレイを半開きにすることによりエアフローが改善され、CORE温度が65℃前後に下がります。
消費電力はワットチェッカーによる実測値でアイドル時36W、高負荷時80Wです。 発売元のサイトでは、メモリをSO-DIMM x1としていますが、私が入手したものはメモリスロットが2つあるので、2GBを2枚差してみたところ3GBしか認識しませんでした。
ビデオ出力はオンボードのDVI端子のみですが、FlexScan HD2452WFlexScan S2000FlexScan L367とは、DVI-アナログRGB変換アダプタを介して接続した場合のみ画面が表示され、直接DVIケーブルで接続した場合やDVI-HDMI変換アダプタを介して接続した場合は、画面は表示されませんでした。
導入当初は、SD解像度のエンコードだったため、マシンパワー的には概ね満足でした。
しかしながら、本機導入の翌月に、ひょんなことからシム用マシンにした筈の自作参号機にハイビジョンキャプチャカードであるPV4を導入してしまったため、能力不足となってしまいました。
その後、半年程でエンコード/キャプチャマシンとして自作伍号機を導入したため、役目を終えました。


主要諸元/装備品

外部装備品一覧

ベンチマーク


CrystalMark2004R3

CrystalDiskMark2.2
T7600/HITACHI HTS545050B9A300(500GB)

CrystalMark2004R3

CrystalDiskMark2.2
T7200/HITACHI HTS545050B9A300(500GB)

CrystalMark2004R3

CrystalDiskMark2.2
T7200/HITACHI HTS543216L9A300(160GB)

主要履歴


[HARDWARE]