HOME > HARDWARE

自作零号機

LAST UPDATED on July 24, 2011
居間に設置して、かみさんの家計簿、ネット用、ビデオキャプチャ及びDVD再生に活用していました。
元々は自作初号機及びCow ATIからの余剰部品で組み立てて、往年の名板であるT2P4を使用して岩の様に安定したマシンだったのですが・・・。
K6-III-333(HK6-MS333-V2000)をFSB100MHzで動かしてみたくてマザーをVA-503+に交換してみましたが、95MHz×4=380MHzが安定限界でした。
結局高クロックへの想い断ち難くK6-III+E 550MHzに換装してしまいました。
しかしながらDVD等の再生には多少力不足だったので、Xcardも入れてしまいました。
その後、自作弐号機の導入によりお役御免となり居間を追い出されため、2005年6月に、心機一転して電源、マザー及びHDDを換装しました。
その後、子供達用のマシンとして余生を送っています。
オンボードのIDEインターフェイスが、Ultra ATA66迄しか対応しおらず、HDDがボトルネックだったため、2011年7月にUltra ATA133カード(玄人志向 ATA133RAID-PCI)を追加し、ついでにHDDも130GBから320GBに換装しました。結果シーケンシャルで40〜50%の速度向上が得られました。

主要諸元/装備品

外部装備品一覧

ベンチマーク

HDT725032VLAT80 + 玄人志向 ATA133RAID-PCI

CrystalMark2004R3 CrystalDiskMark2.2


HDT725032VLAT80 + onboad IDE

CrystalMark2004R3 CrystalDiskMark2.2


HDS722512VLAT80 + onboad IDE

CrystalMark2004R3 CrystalDiskMark2.2

主要履歴


Copyright(c) FLIGHT SIM HERITAGE 1998-2011. All Rights Reserved.

[HARDWARE]